寂しい気持ちを風俗で満たしてきた時の体験談です。

人肌恋しいなら風俗へ

攻めると敏感に感じてくれた風俗嬢

投稿日:2017年4月9日

あるデリヘルに在籍している風俗嬢の中にちょっと変わった性癖を持つ女の子がいた。このことを知ったのはあるサイトの口コミからで、いじめられるとすごく喜ぶ風俗嬢がいると書いてあった。女の子って基本的に攻められて感じるからいじめられて興奮するって言われても特に問題がないと思うけど、何となく興味を持ってしまったのでデリヘルに電話をかけて彼女を指名してみた。そして、家に来てもらってから一緒にシャーを浴びてのんびり体を洗った。その時に乳首をツンツンしながらからかってみたんだけど、急に恥ずかしそうな声を出しながら彼女はビクビクし始めた。まさか、乳首をツンツンされただけで感じるなんてありえないだろうと思っていたんだけど、彼女は本当にそれで感じていたみたいでたまにアソコからドロッとした液体を垂らしていた。俺はすぐにシックスナインの体勢になって彼女のアソコを舐めて攻めた。それでも彼女はすごく感じてくれて、なんかすごく楽しめたエッチなプレイだったと思う。

俺の事を気にしてくれる大好きな風俗嬢

一般的には風俗嬢と過ごす時間ってほとんどエッチなプレイのために費やすと思う。デリヘルを頼む時点でほとんど男性が性欲処理を目的としているし、風俗嬢の絶妙なテクやエッチなご奉仕プレイで気持ちよく射精しようと思っているはず。でも、俺は射精が出来なくてもいいと思っているし、お気に入りの女の子と一緒の時間を過ごせるなら別にエッチなプレイがなくてもいいと思う。たぶん、俺が風俗嬢のことを好きだからエッチなプレイをしてもらわなくても満足できるんだと思う。彼女と話しているだけでも十分に楽しいと思うし、出来れば時間を長くしてただ一緒に居るだけでも構わないと思っている。でも、彼女は俺がエッチなプレイを求めないことに対してすごく気になっているみたいで、デリヘルを頼むときに2時間コースで彼女を指名すると必ず一度は肉棒を触ってご奉仕しようとしてくれる。彼女の気持ちはすごくありがたいんだけど、なんか彼女とはエッチなプレイよりも自然な形で一緒に居たいんだよね。